上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。今回は越中五箇山の花キラリを紹介します。
花キラリは昭和63年、旧・㈱植物工学研究所が日本晴コシヒカリより早生でかつ病気・倒伏にも強く、極良食味米の育成を主目標として開発した民間育成品種です。PR3(日本晴のプロトプラスト培養突然変異)を母に、コシヒカリを父に育成されました。以降、個体選抜・系統選抜を経て育成され、平成12年に品種登録を受けました。名前の由来は、他品種と比べ玄米・白米の光沢が優れており、「ごはんの光沢がキラリと輝きを放ち、食卓に花をそえる」という願いを込めて名付けられました。

「ごはん」としての特徴
「しっかり・もちもち・つやつや・あっさり」「炊きたてはやわらかフンワリ、冷めるとしっかりもちもち」という点が花キラリの特徴。中でもごはんとしての光沢・あっさり感について好評価されています。
 

画像 046

5kg2100円で販売しています。
在庫情報等 お気軽にお問い合わせくださいませ↓

電話   0166-23-3010  谷地元(やちもと)商店
メール info@yachimoto.com
この記事へのコメント


管理人にのみ表示
この記事へのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。